加齢臭の基本情報

加齢臭の原因はノネナールじゃない?加齢臭予防で知っておきたい防止策

投稿日:

加齢臭について調べていると「ノネナール」ということ言葉をよく目にしませんか?ノネナールはあの独特の臭いを発生させる原因物質です。つまりノネナールがなくなれば加齢臭もなくなるということですね。
では、ノネナールをなくすにはどうすればいいのでしょう?ノネナールは初めから私たちの体に存在しているわけではありません。ノネナールが発生するのには原因があるのです。
ノネナールを作りだす原因を知ることで、加齢臭の予防と防止をしっかり行いましょう!

誰にでも起こりうる加齢臭の原因

「加齢臭は男性に起こるもの」というイメージをお持ちの方は多いかもしれませんね。しかし、実際には男性だけではなく女性にも起こります。なぜなら「加齢臭」という字の通り、男女の区別なく年齢を重ねることで発生するものだからです。
ここではまず、加齢臭発生の原因と仕組みについて見てみましょう。

■ノネナール発生に関わる主な成分


活性酸素 呼吸した時の酸素約2%が酸化力の強い活発な活性酸素になる。
本来は細胞を守るために細菌やウィルスの駆除、酵素の働きを促進したりする。増えすぎると正常な細胞を攻撃して体を酸化させる。
※酸化させる活性酸素はフリーラジカル
電子が対になっていない不安定な分子。安定した分子になるため他の分子から電子を奪い酸化させる。
過酸化脂質 中性脂肪やコレステロールが活性酸素(フリーラジカル)により酸化されたもの。体内に蓄積され細胞を傷つけたり、さらに過酸化脂質を作りだしたりする。
9-ヘキサデセン酸 皮脂腺からでる皮脂に含まれた脂肪酸で加齢とともに増加する。
抗酸化成分 SOD酵素(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)は活性酸素に対抗する体に備わった成分。年齢を重ねるとその生産量は減り40歳前後から急激に低下する。

■ノネナールが発生する仕組み

始まりは活性酸素(フリーラジカル)が中性脂肪やコレステロールを酸化させることです。

発生した過酸化脂質が皮脂に含まれた9-ヘキサデセン酸を酸化させノネナールが発生!       
さらに体に備わった抗酸化成分が低下していると、酸化が抑えきれず加齢臭発生に拍車がかかります。
        
◆ノネナールを作らせないために酸化を防ぎましょう
ノネナール発生のもともとの原因は、活性酸素(フリーラジカル)による脂質の酸化だと分かりますね。ですから加齢臭の予防や防止には、脂質を減らし酸化を防ぐことが不可欠な要素なのです。

加齢臭予防のために抗酸化力を高めよう!

私たちの体に備わっている酸化を抑えるための成分「SOD酵素」。活性酸素を無害にしてくれるのですが年齢を重ねることで減っていきます。ですから抗酸化力を高め維持するために、食事やサプリメントなどで抗酸化成分を外から摂り入れることが必要なのです。また「食生活・喫煙・飲酒・運動不足・ストレス」なども、ノネナールを発生させる原因になっています。

ここで挙げた原因を見て「あれ?」と思った方もいるかもしれませんね。そうです。ノネナールを作りだす原因と生活習慣病になりやすい原因はとても良く似ているのです。「加齢臭を予防する生活=生活習慣病を予防する生活」だとも言えます。体のためにはとても良いことだと言えますね。

加齢臭を外側から防止するには

身近なところから変えていくならやはり入浴。シャワーだけではなく湯船に入ることが加齢臭には効果的です。朝も臭いが気になるという方は、外出前にさっと流す程度にシャワー浴びると良いでしょう。
入浴時に使用する石鹸やシャンプーには加齢臭を予防&防止するための商品がおすすめ。ノネナールや加齢臭発生の仕組みに着目した商品を選んで下さいね。

加齢臭の原因を知って効果的に予防&防止をしよう!

「体の酸化=体が錆びる」とよく表現されています。体の酸化は加齢臭だけではなく老化や病気の原因にもつながるものです。
活性酸素は必要なものですが、そのパワーが強力なので過剰になると体に良くありません。ですから抗酸化力とのバランスが大切。加齢臭の原因に体の外側と内側から働きかけることで、すでに臭いが気になるという人も予防&防止をすることができるのです。

悩むことでストレスが溜まれば、それも加齢臭の原因になります。まったく気にしないというのは難しいことですよね。でも「ケアすれば加齢臭は予防も防止もできる!」ということを忘れずに、前向きに取り組んでいきましょう!

-加齢臭の基本情報

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になる臭いをすぐに抑える改善方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.