加齢臭の原因は男性と女性で違うの?加齢臭の原因を予防する方法

更新日:

加齢臭の原因は男性と女性で違うの?

加齢臭が発生する原因は、ノネナールという臭いの原因物質が発生してしまうことです。これは男性にも女性にも言える共通の原因だといえます。しかし、男性と女性ではノネナールが発生する原因に違いが見られます。

加齢臭が発生する原因は同じでも「発生するまでのプロセス」が異なる男女の加齢臭の原因について詳しく見ていきましょう。

加齢臭の原因、ノネナールっていったいなに?

加齢臭の原因であるノネナールは、9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が過酸化脂質によって酸化されることで作られる物質です。9-ヘキサデセン酸は加齢により増えていく物質で若い年代にはあまり見られません。また、加齢と共に体の抗酸化力が低下し、過酸化脂質の精製が活発になってしまうこともノネナールの発生を促進させてしまう要因だといえます。

こういった理由からノネナールが原因の加齢臭は主に40代前後から発生し、加齢に伴い発生する臭いという意味合いで加齢臭と呼ばれるのです。

簡単にまとめると、ノネナールが精製されるのは、加齢と共に

  • 9-ヘキサデセン酸の量が増える
  • 体内の活性酸素が増える
  • 体内の抗酸化成分が少なくなる

という3つの条件が整ってしまうからということですね。

ここでノネナール発生に関わるキーワードの情報整理をしましょう。

活性酸素 呼吸した時の酸素約2%が酸化力の強い活発な活性酸素になる。
本来は細胞を守るために細菌やウィルスの駆除、酵素の働きを促進したりする。増えすぎると正常な細胞を攻撃して体を酸化させる。
※活性酸素は過酸化脂質を作り出す原意になる物質です。
過酸化脂質 中性脂肪やコレステロールが活性酸素(フリーラジカル)により酸化されたもの。体内に蓄積され細胞を傷つけたり、さらに過酸化脂質を作りだしたりする。
9-ヘキサデセン酸
(脂肪酸)
皮脂腺からでる皮脂に含まれた脂肪酸で加齢とともに増加する。
抗酸化成分 SOD酵素(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)は活性酸素に対抗する体に備わった成分。年齢を重ねるとその生産量は減り40歳前後から急激に低下する。

ノネナールが発生する仕組み

ノネナールは、脂肪酸である9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質(酸化した脂質)によって酸化することによって発生します。そのため、加齢臭が発生するが第一段階は活性酸素(フリーラジカル)が中性脂肪やコレステロールを酸化させ、過酸化脂質を作るところにあるといえます。

過酸化脂質が完成すると、出来上がった過酸化脂質は9-ヘキサデセン酸を酸化させます。

発生した過酸化脂質が皮脂に含まれた9-ヘキサデセン酸を酸化させることによってノネナールが発生するというわけです。

ここで覚えておきたいのは、加齢や生活習慣の乱れによって体に備わった抗酸化成分が低下していると過酸化脂質の精製を抑えることができず、加齢臭発生に拍車がかかるということです。

男女で変わる?加齢臭の原因

「加齢臭は男性に起こるもの」というイメージをお持ちの方は多いかもしれませんね。しかし、実際には男性だけではなく女性にも加齢臭は起こります。なぜなら「加齢臭」という字の通り、男女の区別なく年齢を重ねることが原因で発生するものだからです。

でも、加齢臭の原因が男女で変わるというのはいったいどういうことなのでしょうか?

男性の加齢臭の原因

男性は皮脂量が20歳をピークにしてほぼ減少しません。しかし、加齢臭の原因であるノネナールを発生させる材料の1つ「活性酸素」に対抗する抗酸化力が加齢と共に低下してしまうのです。

ノネナールの材料となる9-ヘキサデセン酸は若いころも精製されています。しかし、年齢が若いうちは活性酸素を除去する抗酸化成分SOD酵素が活発に働くため、加齢臭が発生することはありません。

加齢臭が加齢臭たる所以は、加齢と共に臭いの発生を抑えることができなくなるから。

  • 皮脂の量が減らないこと
  • 9-ヘキサデセン酸の量が増えること
  • 抗酸化力が低下すること

以上3点が男性の加齢臭を引き起こす原因です。

女性の加齢臭の原因

女性の加齢臭が発生するのは、女性ホルモンの低下による皮脂量の分泌が多くなるから。そんなことを聞いたことはないでしょうか?確かに女性ホルモンには皮脂分泌を抑える作用があり、加齢と共に女性ホルモンが低下することで皮脂の分泌を抑えることが難しくなります。

しかし、ここで覚えておいて欲しいのは女性ホルモンが減って皮脂量の分泌が多くなったとしても、圧倒的に女性の方が男性よりも皮脂の分泌量が少ないということ。また、それに際して、加齢と共に分泌される皮脂の量は年々減少していくということです。

皮脂量が年々減少していくのになぜ加齢臭が発生するのか。それは、女性ホルモンが活性酸素を除去する役割を担ってくれていたからです。

女性ホルモンは抗酸化作用のあるホルモンで、女性の体は

  • 皮脂量が少ないこと
  • 抗酸化力が強いこと

の2点のお陰で若い頃に加齢臭が発生しませんでした。

しかし、年齢を重ねて女性ホルモンが低下したことで活性酸素の除去がうまくいかずにノネナールを作り出す過酸化脂質の精製が進んでしまいます。このことにより、ノネナールの発生が促進され、加齢臭が発生してしまうのです。

男性の加齢臭発生の原因と似ていますが、女性の加齢臭には女性ホルモンが大きく関係しているのです。

加齢臭の原因をなくすなら抗酸化力を高めること!

「体の酸化=体が錆びる」とよく表現されています。体の酸化は加齢臭だけではなく老化や病気の原因にもつながるものです。
活性酸素は必要なものですが、そのパワーが強力なので過剰になると体に良くありません。ですから抗酸化力とのバランスが大切です。

私たちの体に備わっている酸化を抑えるための成分「SOD酵素」。活性酸素を無害にしてくれるのですが年齢を重ねることで減っていきます。ですから抗酸化力を高め維持するために、食事やサプリメントなどで抗酸化成分を外から摂り入れることが必要なのです。また「食生活・喫煙・飲酒・運動不足・ストレス」なども、ノネナールを発生させる原因になっています。

悩むことでストレスが溜まれば、それも加齢臭の原因になります。まったく気にしないというのは難しいことですよね。でも「ケアすれば加齢臭は予防も防止もできる!」ということを忘れずに、前向きに取り組んでいきましょう!

-基本情報

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になる臭いをすぐに抑える改善方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.