加齢臭はうつる?うつらない?あなたの疑問にお答えします

独特な臭いの加齢臭が「人にうつるのでは?」と心配している方は多いようです。噂で聞いたのかもしれませんし、実際に臭いがうつったと感じているのかもしれません。
あなたが心配する「加齢臭は人にうつるのか」についてお伝えします。

加齢臭はうつりません

風邪がうつるように、人から人へ加齢臭がうつることはありません。ですから、臭いがうつったと感じている方も、まずはご安心下さい。
加齢臭はその名の通り加齢によって発生するものです。しかも、年齢を重ねたからといってすべての人に発生するわけではありません。あなたの身近に加齢臭のする人がいて「臭いがうつった」と感じているなら、他に要因があるのです。

人から人へうつらない理由

加齢臭の元はノネナールという物質です。ノネナールは「活性酸素・脂質・過酸化脂質・9-ヘキサデセン酸」が作用しあって、皮脂が酸化されることで生まれます。加齢臭がする人に近づいたからといって、毛穴部分にある酸化した皮脂がうつることも、ノネナールがうつることもありません。
加齢臭は条件が揃った人に発生する個人的な臭いで、病気のように人にうつる要素は持っていないのです。

加齢臭がうつったと感じる理由

条件が揃うことで発生する加齢臭が、なぜ人にうつると思われるのでしょうか。
ひとつには、うつったのではなく実際に加齢臭がしている可能性があげられます。人は他人のニオイには敏感で自分のニオイには鈍感なものです。しかも近くに自分より加齢臭の強い人がいればなおさら感じにくいでしょう。まずは、自分自身から加齢臭がしていないか確認してみて下さいね。
もうひとつは、臭いが付着するケースです。人から人へうつることはありませんが、衣類にうつることはあります。タバコの臭いがうつったり、飲食店で食べ物の臭いがうつったりするのと同じです。ニオイは空気中を漂う気体なので、通ったあとに残り香を感じたりしますよね。それが狭い空間だと衣類などに付着して、まるで自分にうつったように感じられるのでしょう。

生活習慣や食生活の影響

一緒に暮らしていて、加齢臭がうつったと感じている方も多いですね。この場合も人から人へ加齢臭がうつっているわけではありません。ご自身から加齢臭がしているか、衣類に臭いがうつったかのどちらかでしょう。
加齢臭には食生活も影響しています。一緒に生活していれば、特別なことがない限り食事も同じですよね。生活習慣も似通っていることでしょう。加齢臭が発生する条件が揃っているなら、パートナーだけではなく自分から加齢臭がしている可能性もあると考えてみて下さい。自分から加齢臭がしていないと確認できれば、原因は衣類など臭いうつりのしやすいものだと推測できますね。
加齢臭はもともとが皮脂なので、油汚れと同じで落ちにくいという特徴があります。加齢臭のする衣類などを、他の洗濯物と一緒に置いたり洗濯したりすると、それだけで臭いがうつることもあるのです。加齢臭のする洗濯物は油汚れを落とすのと同じように、少し手間をかけた方がいいですね。

加齢臭がうつるのは人ではなく衣類。食生活や洗濯に気をつけて臭いを抑えましょう。

加齢臭はあなたの「食事・生活習慣・加齢」などによって発生する個人の臭いで、病気ではありません。もちろん人にもうつりません。ですが衣類にはうつります。しかも落ちにくいところが加齢臭の特徴です。そして、食生活や生活習慣が同じだと、あなた自身から加齢臭がしている可能性もあります。
心地いい香りにはリラックス効果がありますが、嫌な臭いはその逆です。加齢臭に効果的な食事や洗濯方法を取り入れて、リラックスできる香りを実現したいですね。

投稿日:

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になるニオイを抑える人気のサプリランキング【2018】 , 2018 All Rights Reserved.