どうして平気なの!?本人が加齢臭に気づかない理由

更新日:

加齢臭は枯草やロウソクなどのニオイに例えられる独特な体臭です。周囲の人にしてみれば、思わず一歩下がってしまうほどの臭い。しかし、肝心の本人がまったく気づいていないことには驚いてしまいますよね。「あの人臭うよね?気づかないのかな?」そう感じたことがある人は多いでしょう。
どうして本人は臭いに気づけないのか。その理由についてお伝えしていきます。

自分の加齢臭や体臭に気づかないのは普通のこと

加齢臭に限ったことではなく、人は自分の臭いにあまり気づきません。これは誰にでも言えることなので、あなたもその1人ということになりますね。
人の臭覚はとても敏感です。それなら加齢臭にもすぐ気づきそうなものですが、実際には違います。臭覚はデリケートで疲れやすいという性質もあるからです。香水をつける方は、少し時間が経つとあまり香りを感じなくなる、という経験をされているのではないでしょうか。よくニオイに慣れると言われますが、それは臭覚が疲れて麻痺した状態だということ。自分のニオイとはいつも一緒なので、普段からニオイや身だしなみに気を配っていなければ加齢臭に気づくのは難しいでしょう。

加齢臭に気づかないのは男性も女性も同じ

加齢臭のことを「オヤジ臭」などと表現しますが、これだけ聞くと加齢臭は男性特有の臭いに思えてしまいます。しかし実際には、女性にも加齢臭が発生するのです。それなのに「オヤジ臭」と言われるのは、女性の方がニオイに対して敏感で対策もしているからだと考えられます。
女性がニオイに敏感なのは、子供を守るためという説があります。妊娠中のつわりも含め、ニオイによって子供のために安全なのかどうかを判断しているのだそうです。また、加齢臭については男女の身長差に関係している点があげられます。加齢臭の発生場所である後頭部や背中の辺りは、ちょうど女性の顔と近い位置にあるからです。もともとニオイ全般に敏感なのは女性の特徴と言えます。それでも、自分自身の臭いにはやはり気づきづらいのです。

臭いは指摘しないと気づけない

本人は臭いに慣れてしまって気づかないけれど、周囲の人は加齢臭や体臭で困っています。では、あなたは加齢臭に気づいたとき相手に教えてあげましたか?恐らく、大部分の人は相手に伝えられずにいるでしょう。それもまた、本人が加齢臭を自覚できない理由のひとつなのです。ニオイの問題は周囲に与える影響が大きく、本人に伝えるのは躊躇われます。しかし、我慢していても状況は改善しません。お互いのために、早めに気づいてもらうことが大切なのです。

加齢臭に気づいてもらう

加齢臭や体臭で困るのは、対人関係にも影響を及ぼすことです。周囲の人はどうしても距離を置くようになります。それが気づくきっかけになればいいのですが、そう簡単ではありません。お互いにとってデメリットにしかならないので、やはり本人に伝えることが最善の方法でしょう。ただし、伝える場合は注意が必要です。あなた自身のことだと思って考えてみて下さい。突然「臭いですよ」と言われたら傷つきますよね?デリケートな問題だけに、どんなふうに伝えられても傷つくことが予想されます。相手を思いやることを優先して言葉を選びましょう。そして安心してもらえるように、ケアすれば改善できることも一緒に伝えてあげて下さいね。

加齢臭は自覚して初めて改善できる

自分のニオイに気づかないのは、臭覚が疲れやすいことと関係しています。どんなに加齢臭がしていようと、先に気がつくのは周囲にいる人たちです。加齢臭や体臭などの不快と感じられる臭いは、早く対処するに越したことはありません。デリケートな問題なので、きちんと対処すれば改善できるのだと分かってもらいましょう。
自分自身のニオイに気づくのは難しい。だからこそ、あなたにも加齢臭や体臭の対策をおすすめします。良い香りは気分を清々しくしてくれるもの。早いうちから対策をして快適な毎日を送りましょう。

-未分類

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になる臭いをすぐに抑える改善方法 , 2018 All Rights Reserved.