加齢臭はどこからでてる?加齢臭が発生する場所

更新日:

なんだかニオイがするけれど…どこからしているのかな?

「え!?加齢臭!?」と自分の加齢臭に気がついても、どの場所から臭いがしているのか分からないと対処使用がありません。

このページでは「加齢臭が発生している場所はどこなのか」についてお伝えします。

加齢臭は皮脂が多いところから発生します

加齢臭の原因となるノネナールは脂肪酸から作られます。

そのため、皮脂が分泌される部位に多く発生してしまうのです。

皮脂腺がある場所ならどこでも臭いが発生する加齢臭ですが、特に頭周辺からの強い臭いが発生するのが特徴です。

頭周辺の加齢臭がきつくなる原因は、ノネナールを作りだす皮脂腺が頭に集中しているためです。

加齢臭の原因を知りたい方はこちらのページをチェックしてください。

特にチェックするべきは3点!

加齢臭の発生箇所を確かめるときに特にチェックしたいのは

  • 後頭部
  • 耳の裏
  • うなじ

の3点。

後頭部
男女限らず、後頭部は皮脂腺の多い部位です。頭皮をパートナーにチェックしてもらって、毛穴付近に白いべた付きがあれば高い確率で後頭部から加齢臭が発生しているといえるでしょう。多くの方が誤解していますが、シャンプーは髪の毛の汚れよりも頭皮をメインに洗うための物です。シリコン入りのシャンプーだと毛穴詰まりを起こして加齢臭をきつくしてしまう可能性があるので、ノンシリコンのスカルプシャンプーで頭皮環境を整えつつ皮脂汚れを落としていきましょう。

加齢臭に効くシャンプーを見たい方はこちら

耳の裏
耳の裏は普段洗うときに洗い残しの多い部位です。しかし、皮脂腺はしっかりとある部位となっています。シャンプーのついでに耳の裏を洗っていないというあなたは耳の裏から加齢臭が出ている可能性があるので、シャンプーのついでに洗うようにしましょう。ですが、耳の裏は同時に乾燥しやすい部位でもあります。乾燥から来る皮脂の過剰分泌を防ぐために保湿クリームを活用したり、保湿成分を含んだシャンプーや石鹸で洗うのがおすすめです。
うなじ
うなじは頭と体の境目の部位なので、洗い残しの多い部分です。洗い残しを作ってしまうと、既にあるノネナールを洗い流せずにまた新しいノネナールを発生させてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。また、シャンプーやボディソープの流し忘れが合ったりもする部位なので、肌環境が悪くなる部位でもあります。シャンプーやボディソープの洗い残しは臭いをきつくする原因となるので、うなじからキツイ加齢臭が発生している可能性があるのです。

頭だけじゃない!顔の加齢臭も要チェック!

加齢臭の発生原因として注目してチェックしたいのは先に挙げた3部位。

ですが、次に注意したい部位として「顔」が上げられます。

特に男性に多いのですが、おでこと鼻にかけてのTゾーンにも皮脂腺は多く存在します。

そのため、日中に顔を洗ったり飲食店のお絞りで顔を拭く行為は加齢臭対策としては間違っていないということですね。

ですが、顔の加齢臭を落とすときに注意したいのは、皮脂の摂りすぎです。

人の体は乾燥を感じると皮脂を過剰に分泌するようにできています。

特に男性の場合は皮脂量が女性よりも多いので、顔から加齢臭が発生していることも十分に考えられるのです。

お風呂上がりやヒゲを剃った後に保湿クリームなどで乾燥を防ぐなどのケアをしていないと、顔から加齢臭が発生している可能性も十分ありますので注意してください。

加齢臭は皮脂腺のある部位ならどこからでも発生します。

加齢臭は皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化した物質から発生する臭いです。

そのため、頭にしか発生しないと思われがちな加齢臭は、本来全身から発生する可能性のあるものだと覚えておきましょう。

加齢臭が発生しやすい具体的な部位は

▼頭
▼顔のTゾーン(特に小鼻)
▼耳の裏
▼首
▼胸や乳首周辺
▼胸の谷間
▼ワキ
▼背中(体幹部分)
▼へその辺り
▼デリケートゾーン

と、主に上半身に多く存在することがわかると思います。

こうした加齢臭の出やすい場所は、気になったときに固く絞ったタオルで拭いたりするだけでも臭いの軽減につながります。

入浴時には意識して洗うようにしましょう。しっかり洗うことは大切ですが強く擦らないようにして下さいね。

-基本情報

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になる臭いをすぐに抑える改善方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.