加齢臭の伝え方|相手を傷つけずに気付かせる方法はこれ!

投稿日:

加齢臭に限らず、臭いの問題は今や社会現象。「スメハラ」という言葉も普通になっています。しかし臭いはとてもデリケートな問題ですから、相手に伝えるのはためらわれますよね。
相手を傷つけないように、加齢臭がしていることを伝えるにはどうすればいいのか、お伝えしていきます。

加齢臭がしている人との関係性が伝え方を決める

あなたが悩んでいるのは誰の加齢臭ですか?
これは加齢臭がしていることを伝えるにあたって重要なポイントです。

  • 家族
  • 恋人
  • 友人
  • 会社の同僚、上司

そして、伝える相手とあなたの距離感がどの程度かもポイント。
「ストレート・遠まわし・人に頼む」など伝え方が変わります。
ただ、どんな伝え方を選ぶとしても、相手に対して思いやりを持つことを忘れないで下さいね。

加齢臭のことを具体的に伝える方法

家族

加齢臭の原因には、生活習慣や食事・ストレスなども関わっています。これは健康状態に関わることと同じです。
そこで「忙しいのではないか・ストレスがあるのではないか・体調は大丈夫か」といった健康面からアプローチしましょう。
または、自分自身の話・友人の家の話として臭いの悩みを伝え、「石鹸やボディソープを替えてみない?」と提案してみるのも良い方法です。

恋人

今は加齢臭の若年化が進んでいます。若いからと言って油断は禁物です。
恋人にも、家族に伝えるのと同様に健康面からアプローチしましょう。
「なんだかいつもと違うニオイがしない?疲れてるの?」などと軽く話してみます。さらに「石鹸やボディソープを替えてみると良いみたい」と誰かに聞いたこととして伝え、加齢臭対策につなげたいですね。

友人

他に比べて正直に話している人が多いようです。同性同士の友人だとあまり重くならずに伝えられるようですが、どの程度の間柄かによるのは他のケースと変わりません。どうすればいいのか一緒に調べたり考えたりすることで、本人の気を紛らわせて力になれるのが良い点です。

会社の同僚・上司

「我慢している」という割合が圧倒的です。仕事や人間関係に影響がでるかもしれないのが理由。社内でも社外でも、加齢臭や体臭はマイナス要因にしかなりません。改善するためには本人の気づきが必要です。

相手が同性の同僚で親しいと言える関係なら、自分の使っているデオドラントや石鹸を話題にしてみましょう。そうでない場合は、相手と同性の信頼できる上司に相談しましょう。仕事におけるエチケットとして伝えてもらえば、本人も納得しやすいはずです。

原因が上司の場合、方法に困りますよね。会社自体がスメハラ対策をしているならそれが1番です。それ以外では同僚のときと同じように、その上司より上にいる方にお願いしましょう。その部署での出来事や周囲の人たちも同じ思いだということを伝え、「とにかくどうすればいいか分からない」と相談しましょう。仕事に影響がでるほどみんな困っていると伝われば、きちんと対処してくれるはずです。

加齢臭や臭いのことは相手の立場に立って考えることが大切

誰かに「加齢臭がしている・臭い」と言われたら、自分だったらどう感じるでしょうか?
「加齢臭のことを伝える+フォローする」はセットです。

相手に伝えるときは周囲に聞かれない場所で話すようにしましょう。「加齢臭」という言葉は、そのイメージからショックを受けやすいので、どんなに優しい伝え方でも傷つきます。伝えられた相手の方は、これまでのことやこれからのことを考えて悩んでしまうのです。
以前から臭いがしていたと知ることは、相手を余計に傷つけるので言葉を選びましょう。「対策をすれば改善できる・大丈夫」と、思いやりを持って伝えて安心してもらうことが大切です。
理解して対策をすることは、本人にとっても周囲にとっても良い結果をもたしてくれるでしょう。

-対処法

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になる臭いをすぐに抑える改善方法 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.