女性に勧めたいおすすめの脇汗クリームまとめ

夏は脇汗に悩みを持つ季節ですよね。
薄着でおしゃれをしたいのにいくら制汗剤を付けても出てくるワキ汗。

そんなワキ汗に効果のある脇汗対策とはいったいどのようなものなのでしょうか?


制汗はスプレーよりもクリームがおすすめ


脇汗にはワキに塗るタイプの制汗クリームがおすすめです。
脇汗の対策として制汗スプレーなどのたくさんの脇汗グッズがありますが、その中でもぜひ使ってもらいたいのはやっぱりクリームタイプの制汗剤です。

ただわきの汗染みを無くしたいだけなら汗脇パットや汗取りインナーなどを使えばいいと思います。
ですが、女性なら夏にノースリーブを着るときなどは脇汗パッドは使えませんよね。

やはりどうにかしたいのは汗染みではなく、ニオイの原因にもなる脇から出てくる「汗」ですよね。
わきの汗を止めるには制汗作用のある成分が含まれたスプレーやクリーム等のデオドラント剤を使うのが効果的です。

そんな脇汗クリームの中でも特におすすめな脇汗クリームはこれ

クリアネオ


>公式HPはこちら<

値段 制汗効果 持続時間 総合評価
4980円(税込) 1日中 ☆5

朝出かける前に塗るだけで1日汗を止めることができるクリアネオ。
汗腺の先にしっかりと蓋をしてくれる脇汗クリームは、わきから汗が出るのを防いでくれるので日中脇汗の心配をする必要がありません。

使い続けているうちに効果がだんだんと大きくなり、塗る回数もだんだんと減っていきます。

クリアネオの嬉しいところは永久返金保証が付いているところです。

どれだけ使っても脇汗を止める効果が得られない場合、購入代金を全額返金してくれます。

それだけ汗を止める自信があるということですね。

脇汗クリームでどれを選んだらよいのか悩んでいるなら、断然クリアネオがおすすめです。

>公式HPはこちら<

それではここからは制汗をしっかりして汗ジミや臭いを抑える脇汗クリームの効果について確認していきましょう。

脇汗クリームで汗腺に蓋をして汗を出さない!

わきには汗を分泌するくだが2種類存在します。アポクリン汗腺とエクリン汗腺です。アポクリン汗腺は腋臭の原因となる汗を出す汗腺です。ですが、この汗腺を持っているかどうかは体質的な問題によるので、持っていない人もいます。アポクリン汗腺がある方はワキガ体質だと言えるでしょう。次にエクリン汗腺ですが、この汗腺は身体のどこにでもある汗腺です。出てくる汗の99%が水分で無臭なのですが、皮膚の古い角質等が混ざった状態で雑菌に分解されると皆さんの知っている汗臭いにおいを放ちます。つまり、汗は両方とも臭いの原因になるということです。

わきの汗腺について理解してもらったところで、制汗効果のあるデオドラントクリームなどがどのようにして汗を止めているのかを説明します。
制汗成分のある商品は先ほど説明した汗腺に入り込んで汗が体外に出るのを防ぎます。汗の出口に蓋をしてしまうんです。
ですが、その効果にも限界があります。汗を多くかく体質の方や、多汗症の方などは普通の人よりも汗を多くかきますよね。そういう方の場合、制汗成分の蓋が普通の人よりも早く外されてしまうんです。なので、スプレーやクリームを使っても制汗効果が長続きしないという方が出てきてしまうということです。

そういったことが起こるとわかっていてもおすすめする脇汗防止グッズはやはりデオドラント成分・制汗成分の含まれている脇汗予防クリームです。

脇汗クリームがおすすめな理由

クリームをおすすめする理由は脇汗防止をしたい部分にしっかりと塗り込めるから。
スプレータイプのものだと脇汗対策をしたい部分にしっかりと制汗剤がかからない場合があります。
さらにはスプレーは掛け過ぎるとワキガ真っ白になってしまって、余計気になってしまう場合もあります。

ですがクリームタイプなら確実に汗対策のしたい部分に塗ることが出来る上、制汗剤のパウダーで白くなってしまう心配もいらないんです。

現在販売されているクリームにはスティックタイプのものやチューブタイプのもの、カプセルタイプのもの等がありますよね。
皆さんクリームカプセルを使って1回の量が多いなと感じたことはありませんか?

実はここにクリームタイプを使ってほしい理由があるんです。

クリームカプセルの量が多いのは、脇にしっかりとクリームを塗り込んでほしいからです。
何故しっかりと塗り込んでほしいのかというと、クリームは塗り込めば塗り込むほど汗腺のくだの先をしっかりとブロックしてくれます。
なので、クリームカプセルの1回の涼が多いなと感じても1回で使い切るように使うことがおすすめです!


効果的な脇汗予防・対策方法


脇汗をしっかり押さえたいなら、対策グッズを複数使用することをおすすめします。ここからはあくまで一つの例なので、この方法は参考程度にしていただけたらと思います。
[box color="blue" title="脇汗対策のポイント"] 1、出かける前にシャワーを浴びる。(寝ている間にも汗をかいているので、ニオイ対策にシャワーを浴びます。)
2、でたらワキにミョウバン水をかけます。(ミョウバンには消臭成分・制汗成分・殺菌成分の効果があるので、汗とデオドラント対策の両方の効果が望めます。体臭の気になる方は体にかけるのもアリです。)
3、出掛ける直前にデオドラント効果のある制汗脇汗クリームを塗ります。(多めの量でしっかりと塗り込みます。)
4、汗脇パットをセットして出かけます。
[/box] これが出かける前の脇汗対策です。対策グッズを併用することで脇汗防止効果UPが期待できます。
あとは、汗をかいてきたと思ったらトイレなどで汗を拭きとって、ミョウバン水、クリームを再度つければOKです。
脇汗パットはその時の服装にもよりますが、つけれたら安心できますよね。

そのほかにもツボや体の性質を利用した方法やサプリを使用した脇汗対策方法も存在します。

半側発汗を利用した脇汗対策

京都の舞妓さんって、夏でもきっちり着物を着てメイクもバッチリですよね。

でも、舞妓さんってなんであんなにも涼しげにしていられるのでしょう?
それは半側発汗という方法を使って顔から汗を出ないようにしているからです。

半側発汗というのは、体の半分の汗をかかないようにする方法のことを言います。
バストのちょうど上の部分を通して脇から3センチほど下の部分を紐や帯で体を一周巻いてしまい、少しきつめに縛るだけでできるお手軽な顔汗・脇汗対策です。

こうすることで紐や帯で結んだところよりも上の脇や顔に汗をかきづらくなります。

ただ、この方法は締め付けによって体調を崩してしまうこともあるので、大事な場面に少しだけ活用するのがおすすめです。
長時間締め付けているとあせもやかぶれの原因にもなるので注意してください。

大事なデートのときに限って脇汗が大量に!?
上司の前でプレゼンしてる最中に脇汗が!!??

なんで大事なときに限って脇汗がひどくいなるの!?という思いをしたことのある方も多いのではないでしょうか?

しっかりとわき汗対策をしていても大事なときに限って出てくる汗が原因でできてしまう汗ジミや汗の臭いが気になって集中できませんよね。

そんな緊張の多い場面での脇汗に悩むのは何も女性だけではありません。
ですが、女性は男性と比べてわき汗をかきやすい体質であると言えるんです。

何で緊張すると脇汗がひどくなるの?

緊張した時に発汗することを精神性発汗といい、人は緊張すると汗腺が刺激されて発汗が促されるという機能を持っています。

精神性発汗で特にわきからの発汗が多くなる理由は主に2つ。
[box color="pink" title"] ・熱がこもりやすい
・汗腺が2種類ある
[/box] 一つ目はわきに熱がこもりやすいと言うこと。
いくら制汗剤や脇汗パッドなどの脇汗対策を行っていても汗は体温調節の役割を持っているので、嫌でも出てきます。
大事なときに緊張して脇汗が多く出てしまうのは、体温が高くなり火照ってしまった身体(特に熱のこもりやすいわき)の部分を冷まそうとして汗を出すからです。

もう1つは脇に汗腺が2種類存在していること。
脇にはアポクリン汗腺という汗腺とエクリン汗腺の2種類の汗腺があります。
アポクリン腺はワキガの原因になる汗を分泌する汗腺でニオイの原因ともいえますが、人によって数や大きさ、活動しているかどうかが異なります。
もう1つのエクリン腺は分泌する汗自体の99%が水分でできていて、強いにおいを放つことはありませんが、皮脂などと混ざって皮膚にいる雑菌に分解されるとすっぱいような臭いの汗臭を放ちます。

緊張をした時に発生するストレスはこの2つの汗腺を刺激して発汗を促します。
普通の汗と、わきがの原因となる汗。
緊張によって2種類の汗が脇からは出るので、汗ジミやにおいが発生するのです。

そのほかには多汗症・脇汗多汗症、汗かき体質の場合はもっと脇汗が出やすいと言えます。

なぜ女性のほうが脇汗をかきやすい?

ある条件を満たすと女性は脇汗をかきやすい体質になることがあります。

その為、常日ごろから女性の方が脇汗をかきやすいと言うわけではありません。
ではその条件とはいったい何なのでしょうか?

それにはホルモンが関係してきます。

汗を多く分泌させるのは男性ホルモンで、女性ホルモンは汗を抑える働きがあると言われています。
普段の状態の女性であれば汗の発汗量は男性と比べて少ないのですが、女性ホルモンの中でも【黄体ホルモン】と呼ばれるホルモンが多く分泌さるときは男性よりも汗を多くかくことがあるのです。

女性ホルモンにはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類があります。
エストロゲンには発汗を抑える働きがあるので、基本的に女性は汗をかきにくい体質のはず。
しかし、もう1つのプロゲステロンには体温を上昇させる作用がある為、体温が上がることによって発汗が促されて汗がたくさん出てくるという事態が起きてしまうのです。

プロゲステロンは生理の時期や妊娠時に多く分泌されるホルモンなので、そういった時期の女性は汗かき体質になってしまいます。
また、毎日の生活の中でストレスを抱えていたり体調を崩したりするとホルモンバランスが乱れてしまい、プロゲステロンが多く分泌されます。

しかし、これだけの理由ではまだ男性のほうが脇汗がひどいようにも思いますよね。
実は女性が汗をかきやすいかもしれないというのはもう1つある理由が最も影響しているのです。

女性は男性よりも皮下脂肪がつきやすい体質であると言われています。
皮下脂肪は体内の熱の発散を妨げてしまうので、皮下脂肪の多い人は体温調節がうまくいきません。
その為、体温がどんどん上昇していくので汗を出す量が増えてしまうのです。

ホルモンバランスが乱れていない方はエストロゲンの働きで汗をうまく調節できていますが、皮下脂肪の多い女性はそれだけで汗をかきやすい体質になるのです。

女性の脇汗対策の方法は?

女性が脇汗の対策方法(汗対策)をとる際に気をつけたいことは、生活習慣を見直してホルモンバランスを乱さないことです。

いくら制汗スプレーや制汗クリーム、制汗効果のあるデオドラント剤を使用したところで身体の内側で体温が上がった状態になってしまったら汗は出てきます。

制汗剤は対処方としての効果はありますが改善の働きはありません。生活習慣を整えてストレスを抱えないようにし、ホルモンバランスが乱れないように気をつけることが最も重要です。

女性の方が汗をかきやすい特徴がありますが、しっかりと体型を管理して皮下脂肪をつけなければ発汗が多くなることはありません。
生活習慣を乱さずに普通の体型を維持していれば発汗が多くなることは無いんです。

生活習慣の乱れは体重の増加に大きな影響を与えるので、運動をするように気を付けてしっかりと汗を流すように心がけましょう。
余談ですが、普段から汗を流している人の汗はあまり臭うことはありません。

汗に含まれる悪い成分が大量に汗を流すことによって薄まるからです。
臭わない汗を流すためにも普段から運動することは大切だということです。

女性の脇汗はうまく付き合うことが大事

女性が脇汗をかきやすいというのはウソではありません。
汗は必ず出てしまうものですから、脇汗パッド等の汗対策アイテムやデオドラント剤などの体臭の対策をすることやわきの通気性を上げることで汗染みや臭いの予防をしていくことで対策が可能です。

脇汗予防グッズでおすすめなのはスプレータイプの制汗グッズではなくクリームタイプの制汗グッズ。
スプレーでは脇部分にうまく当たらない可能性がありますが、クリームなら脇部分に確実に塗ることが出来ます。

必要なところに確実に効果を届ける為にも脇汗クリームでの予防がお勧めです。

投稿日:

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になる臭いをすぐに抑える改善方法 , 2018 All Rights Reserved.