わきがの原因を徹底解明。対処法をまとめました。

わきが症は【この症状に当てはまったらわきが】という明確な定義がありません。しかし、いくつかの基準値はあります。
・わきが独特のにおいをわきから発している
・周囲がわきがだと認知している
・自身がわきが症だという自覚を持っている

この3点の基準に合致したらわきが症だということが判断できるというなんともあいまいな定義となっています。

なぜ起きる?わきがが発生する理由

汗が分泌される汗腺には2種類あるのはご存知でしょうか?一般的にスポーツなどをしたときに流れる汗は「エクリン腺」と呼ばれる汗腺から分泌される汗です。この汗は99%が水分で残りの1%が塩分やアンモニアなどのニオイの原因になるものです。ちなみに、エクリン腺から分泌された汗はほとんどニオイがしない上に、さらさらしています。

わきがの原因となるのは「アポクリン腺」という汗腺から分泌される汗です。この汗は脂質やタンパク質、糖質やアンモニアなどの成分からできています。アポクリン腺は全身にあるわけではありませんが、この汗腺から分泌される汗は白く濁っていてべたつきがあります。

どちらの汗腺から分泌された汗も、汗そのものにはきついニオイはありません。汗に含まれている成分が皮膚の常在菌によって分解された時に初めてあの嫌なニオイを放ちます。わきが臭はは汗と皮膚の常在菌が混ざり合うことで発生してしまうのです。

わきがの嫌なニオイがわきに集中してしまっていることに疑問を抱いたことはありませんか?人の体は全身で汗をかくし、全身が臭くなってもおかしくないのではと思いますよね。
これは、わきがの原因となるアポクリン汗腺がわきに集中して存在することに原因があります。そしてわきがの嫌なニオイを発する為のもうひとつ原因である皮膚の常在菌がわきで繁殖しやすいことも要因のひとつです。

脇汗をかきやすかったりわきがが特に目立ってしまい悩んでいる人は、体質的にわきが症であるので治療をしたりわきが対策の商品を使用してわきがを目立たなく改善させる必要があります。

わきがを悪化させてしまう原因

わきがの原因はアポクリン腺から分泌される汗が皮膚の常在菌が分解(発酵)するときにニオイが発生してしまうことにあります。多汗症などの異常発汗が原因という方もいますが、多汗症の方の発汗はエクリン汗腺から分泌されるものなのでワキガの根本の原因とはいえません。しかし、アポクリン腺から分泌される汗がエクリン腺から分泌される汗に流されて広がってしまい、臭いを発する場所が広がってしまうのは問題の一つとも言えます。

アポクリン汗腺は遺伝的な要因により、生まれたときに体に備わっているかどうかが変わります。ですが、仮にアポクリン汗腺を持っていたとしてもこの汗腺が活発に働くようになるかは体質によるものなのでどうにもできません。汗臭くてもわきのニオイが気にならない人もいるのはこういったことが考えられます。

わきがが悪化する原因として、アポクリン腺に含まれている成分の濃度に問題がある場合もあります。アポクリン汗腺に含まれている成分は、常在菌に分解(発酵)されるとニオイを発します。なので、不摂生な生活をしていると、生活習慣の乱れが原因で発するニオイがきつくなる可能性があります。

具体的にまず挙げられるのが食生活です。油っこい揚げ物やファーストフード中心の生活を送っているとアポクリン腺から分泌される汗に脂質やタンパク質が多く含まれてしまいます。成分の濃くなった汗が常在菌に分解されたときに発するニオイは普通の人よりもきついものとなります。また、刺激の強い香辛料は汗腺を刺激して発汗量を多くしてしまうので、わきがが強くなる原因につながります。

他にはお酒やたばこは血中にタバコの成分・アルコールの成分が溶けて全身を駆け巡ります。その結果、発汗する汗はにおいがきつくなってしまうのです。また、双方共に汗腺を刺激して汗を多くかく原因となりますのでわきがには良くありません。
普段の生活がワキガを助長していないかをしっかり確認してみましょう。

また、ストレスによってわきのニオイがきつくなっていることも考えられます。ストレスを多く感じているとアポクリン腺から分泌される汗にアンモニアの成分が多くなってしまいます。アンモニアの成分が多くなると分解された時の臭いがきつくなってしまいます。

それ以外にもわきがの原因となることはあります。それは適切なわき毛の処理ができているかということです。
わき毛を処理しないとわきにいる常在菌の動きが活発になり、汗をかいた後のわきは細菌の温床になってしまいます。

常在菌の数が増えれば増えるほど脇汗の分解が活発になってわきがが強くなってしまうんです。わきは常在菌が活発に動くのにとても適した環境でもある部分なので、常在菌をそのまま放置していたり誤ったわき毛の処理をしてしまうとわきのニオイがきつくなってしまいます。

原因別わきがの対処法

わきがの対策には様々な種類があります。医師に相談して治療を行うことも一つの手ですし、制汗剤などを使ったワキガ対策も効果がある手段です。
わき汗が多くわきがに困っている方の手軽にできるわきが対策は「しっかり制汗をする・わきを清潔に保つ・わきの常在菌の殺菌・抗菌をする」ことです。

どれか一つをするだけでも十分効果はありますが、この3点を行うことでわきがを抑えるのに大きな効果を発揮します。
制汗をすればニオイの原因の汗を少なくすることが出来る。ワキを清潔に保てば汗がたまることはない。殺菌・抗菌をしっかりすれば脇汗が分解されてニオイを放つことはない。ということです。

また、体質的改善という意味で汗に含まれている成分自体を改善する方法もあります。

食生活を見直す

体質改善でまず誰もが思い浮かべるのは食事です。
私たちの身体は私たちの食べたもので出来上がっているわけですから、身体を変えるにはまず食事からですね。
食品が欧米型になっていて、肉や乳製品・たまごなどを中心に摂取していると、わきがの原因となるアポクリン腺を刺激してしまうことになります。
または唐辛子など激辛料理の好きな人も、アポクリン腺を非常に刺激しますのでわきがを発症しやすくなります。
アポクリン腺の刺激という意味では、極度のストレスも原因になります。
人間はストレスを感じた時に汗の量を増やしますが、この時に通常の汗を出すエクリン汗腺と皮脂腺と共に、臭いの元となるアポクリン腺も刺激されて汗を出してしまいますので、これが細菌によって分解されると臭いが強くなります。
怒ったりするのも良くありませんので、ストレスを感じずにイライラしたり怒ったりしない生活態度を目指しましょう。
具体的には野菜や魚中心の食生活を心がけること。最近になるまで日本人はあまりわきがの人はいませんでした。しかし、欧米の食生活に近くなってからわきがを気にする人が増えました。統計的には日本では約10%の人がワキガだという子ともわかっています。(ちなみに欧米では約80%の方がワキガです。)

漢方も有効

そのほかにも漢方でワキガを抑える方法もあります。
これは、わきがのにおいを抑えるのではなく、汗の分泌を抑えてニオイを減らすという手段です。この方法は個人の体質によって効くものと効かないものがあるので、少し面倒な部分もあります。また、効果がみられるまで時間がかかってしまうことも難点の一つです。

外科的処置

根本的にわきがを無くすという方法にアポクリン腺を除去するという手段もあります。これは医療手術で汗腺自体を無くしてしまう方法です。
この方法はお金がかかってしまうことと、わきのニオイはなくなったが他の部分のニオイがきつくなったということもあるので、リスクが伴います。

ワキガ専用商品

現在ではわきが対策のための商品が数多く販売されています。
通常の制汗剤よりも汗を抑えるクリームや、サプリで体の内側からにおいを抑えるものなど様々な種類が存在しているのです。
わきが対策はこまめなケアをわきが専用クリームで行うこと。生活習慣を改善することでかなえることができるのです。

わきがは病気?チェック方法はあるの?

わきがは腋臭症(えきしゅうしょう)と言います。わきがは病気ではなく、個人の体質であるということはだんだん広まりつつあります。
それでも日本人の中ではわきが体質の人はほんの1割程度。
これでは気付いたとたんに周りの目を気にしてしまっても無理はありませんね。
わきがが病気ではなく体質だとすると、対策としては体質を改善するという手法になります。

脇の下から出る臭いのことですが、体質的なものであり、一概に病気というのは間違っていると言えるでしょう。
日本人は特にわきがを気にする国民であり、欧米では人口の70%,80%の人が日本人で言うわきが体質ですので、気にする人はほとんどいません。
日本人で体質的に臭いの強い人は10%程度しかいないという統計が出ていますので、その約一割の人がとても気にしているということになります。

少数派ということもあり、余計に気になるという心理もわかりますね。
中にはわきがではなくても自分の臭いが気になって仕方がないという人もいるようですね。
汗の臭いは多かれ少なかれ誰にでもありますので、これはわきがとは言いません。

チェックしたい場合は入浴やシャワーで臭いが解消するのであれば、まずわきがではないと思って良いでしょう。
わきがの場合は、身体を清潔に保っていても臭いが強く残ります。
間違った知識が蔓延しており、わきがは不潔にしていることが原因だと思われがちですので余計に気にする人がいますが、わきがは脇の下にある汗腺の種類の問題ですので、わきが体質の人は清潔にしていても臭いは強くなります。
アポクリン腺というのがその汗腺なのですが、どうしても臭いを除去したい場合には手術でその汗腺を切除する必要があります。

以前のようにすぐに手術、というように物理的な対処法を選択する前に、まずは体質改善でどこまで可能か試してみてからでも遅くはありません。

更新日:

Copyright© 加齢臭対策のとっておき!気になるニオイを抑える人気のサプリランキング【2018】 , 2018 All Rights Reserved.